蜂の巣を駆除する

作業員

専門家による駆除のやり方

蜂の巣を見つけた場合には慌てずに駆除できるかどうかを検討する必要があります。ミツバチの巣程度であれば素人でも駆除ができますし、活動期ではない11月から1月であれば蜂の巣駆除は難しくありません。しかし、7月から9月のように蜂が攻撃的になっている時期の場合、巣を放置しておくのは危険ですし、だからと言って自分で蜂の巣駆除を行うことはもっと危険です。安全に蜂の巣駆除を行うためには専門業者に依頼することが大切です。オオスズメバチやキイロスズメバチ、アシナガバチなどは非常に攻撃的な習性をもっていますので、駆除方法を知っていなければ巣を取り除くことはできません。素人の場合、ある程度駆除方法を知っていても経験がありませんから簡単に駆除することはできません。一般的な蜂の巣の駆除方法は、薬剤スプレーの噴射と巣の撤去です。蜂は夜間は飛べませんので、蜂の巣駆除は日没後数時間してから行うのが効果的です。防護服などで十分に身体を保護したうえで、ハチの巣に向けて薬剤スプレーを噴射します。スズメバチの場合には巣の入口が1カ所ですから入口付近のスズメバチを駆除します。また、地面にライトを置いて、ライトによってきたスズメバチも速やかに駆除します。スズメバチをほぼ駆除することができたら、蜂の巣駆除を行います。巣は燃えるごみとして捨てることができます。蜂の巣を駆除する一般的な方法は以上ですが、巣から飛び出してくる蜂に刺される危険性がありますので、経験豊富なプロでなければケガをします。

Copyright© 2018 優良な駆除業者を見極めよう【クビシンの被害にあったら】 All Rights Reserved.