ハクビシンの被害

作業員

実績のある業者を選ぶ

ハクビシンは、都市部にも生息している野生動物の一種です。そのため、街中で見かけることも多いといいます。街中に現れても、人との距離が離れていれば、それほどの被害はありません。しかし、最近、畑を荒らしたり、民家の天井裏に住み着くという事例が増えています。こうなると、すぐにでもハクビシン駆除に踏み切りたいところですが、そのためには鳥獣保護法が大きな壁になっています。ハクビシンは、鳥獣保護法の対象動物であるため、個人が勝手に捕まえたり殺したりはできません。被害があまりにひどい場合は、自治体に申請すればハクビシン駆除の許可は可能です。しかし、事前の調査に時間が掛かるため、駆除の手順としては不向きです。速やかにハクビシン駆除を行いたいのであれば、専門業者に委託するのが近道です。ただ、ハクビシン駆除を成功させるには、その動物を熟知した業者が望まれます。業者を選定するに当たっては、ハクビシン駆除の実績があるかどうかを確かめておくことです。また、駆除計画についてもしっかり打ち合わせのできる業者を選ぶようにしましょう。被害の状況を詳しく調べないで罠を仕掛けるような業者は考えものです。駆除作業は害獣との戦いです。敵をよく知った上で対処していかなければ、駆除は成功しません。害獣からの被害から救われるためには、確実な駆除作業を行ってくれる業者が必要なのです。そのためにも、事前打ち合わせはしっかり行っておくことが肝心です。

Copyright© 2018 優良な駆除業者を見極めよう【クビシンの被害にあったら】 All Rights Reserved.